STERUSS / 白い三日月

型番 ZPCD-004
販売価格 1,944円(税144円)
購入数
枚(CD)

BLAST誌仕切りの名V.A.「HOME BREWER'S VOL.2」に提供された"IBUKURO"で一気に知名度を上げた、サイプレス上野とロベルト吉野と共に横浜はZZ PRODUCTIONをレペゼンするSTERUSS(CRIME SIXXX、BELAMA2、DJ KAZZ-Kの3人の体制では初となる)の3RDアルバム。さんぴんCAMP世代への彼等なりのアンサーソングと言える"マイク中毒 PT.2"は確かにクラシックですが、それ以外でも鈴木 勲トリオ"EVERYTHING HAPPENS TO ME"を使用した"真夏のジャム"(こちらも、ある意味ではBUDDHA BRAND"人間発電所"への彼等なりのオマージュ)をはじめ、途中BPMが変化する仕掛けも面白い"対極圏"、誌的なリリックが光る"白い三日月"、弟分のDEEP SAWERを迎えた"星屑の銀河鉄道"等、そしてラストのZZ PRODUCTIONの面々が揃い踏みしたシークレット・トラックも含めて、アルバム単位で聴くべき名作。

1 97.3.18へ
2 白い三日月
3 9月ジャズ
4 マイク中毒 PT.2
5 透人
6 シナリオ22(通過点MIX)
7 対極圏
8 兵隊はアンドロメダ
9 反復音楽
10 星屑と銀河鉄道
11 真夏のジャム

【レーベル】ZZ PRODUCTION
【年代/国名】2005/JPN
【盤質/ジャケット・ケース】EX/EX
注:こちらの商品はCDです。帯有り。

<"真夏のジャム" PV>


<参考>

メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら